【焼肉通販】家族みんなのお肉屋さん
【焼肉通販】家族みんなのお肉屋さん > 焼肉豆知識 > 焼肉ホルモンを楽しもう!(各部位の説明)

焼肉ホルモンを楽しもう!(各部位の説明)

カルビやロースだけでが焼肉ではありません。
ご飯のおかずはもちろん、ビールなどのお酒のおつまみにも大人気のホルモン。ホルモンと一口に言っても、各部位によって食感や味わいも変わってきますので、どんな部位があるかという事だけでも知識として頭に入れておくと何かと役立ちますよ。基本的には牛のホルモンについてのご説明になります。

■ハチノス

牛には4つの胃があることは知られていますが、2番目の胃にあたるのがハチノスです。見た目がまさに蜂の巣に見えることからそう呼ばれています。コラーゲンが多く含まれ、脂分も少なくてヘルシーなところが特徴です。中華料理やフレンチ・イタリアンなどにもよく使われたりします。

ハチノス
 黒毛和牛ハチノス(第二胃)500g 3〜4名様用


■シマチョウ

牛の大腸。縞模様があるのでシマチョウと呼ばれています。別名テッチャン。小腸よりも厚くて硬いですが、その独自の食感を好む人も多いですね。こちらもコラーゲンが豊富で甘味もあり、牛ホルモンでも人気の部位です。

シマチョウ
 焼肉屋秘伝の味を自宅で!特製味噌ダレに漬け込んだ牛シマチョウ200g×3パック


■丸腸(マルチャン)

焼肉で言うホルモンは、カルビやロースなどの正肉以外の部位全てのことを指しますが、焼肉店などによっては小腸のことを単にホルモンと読んだりもします。それほどホルモンを代表するメジャーな存在である小腸ですが、これを裏表を逆にするようひっくり返し、外の脂を内側に入れるようにしたのが丸腸(マルチャン)。同じ小腸でも希少部位ということになります。

シマチョウ
 【創業50年 横浜荒井屋】黒毛和牛小腸(マルチャン)2kg


■小腸(ヒモ・シロ)

ホルモンの代表的部位がこの小腸です。ヒモやシロなどとも呼ばれますね。脂が多く旨みたっぷりで、いつまでも口の中で楽しめる食感が特徴。マルチャンの項でお話ししたように、ホルモンと言えばこの小腸が出てくる焼肉店も多いですね。

■アカセン(赤センマイ)

4つある牛の胃の4番目がこのアカセン。ギアラなどとも呼ばれます。食べ応えのある食感と濃厚な旨みが特徴的で、料理の具材としてもよく使われたりします。

■ハラミ

横隔膜の一部。正確にはホルモンに分類されますが、食感がロースなどの正肉に近く、ヘルシーで比較的価格も安いことから、焼肉店などでも人気の部位になっています。亀山社中の焼肉通販などにも見られるように、このハラミがメインとなっているセットが多いです。